メインイメージ

宇部市鎮守 琴崎八幡宮は縁結び・安産・育児の神と、交通安全の神を祀る由緒ある神社です。

年中行事と季節行事
琴崎八幡宮の年中行事

『水無月の 夏越の祓ひ する人は 千歳の命延ぶというなり』

ここでクリア


8月1日(火)10時より 琴崎八幡宮 夏越の大祓式(おおはらえしき) 斎行 

宮中や伊勢の神宮をはじめ、全国の神社でおこなわれる「大祓式」。
 6月30日と12月31日、年に2回おこなうのが恒例となったのは、
 およそ1,300年ほど前、第40代天武天皇の時代と言われております。
 当宮では、末社の祭典の都合上、8月1日に斎行しております。
古来、「人は常に誤りを犯し得るものである」…という人間観があります。
 人は日常生活を送る中で、知らず知らずのうちに罪を犯し、穢(けがれ)に触れてしまうものです。ゆえに半年に一度、恒例の「大祓式」で身心を清めて参りました。それは「神に近づくために不可欠の浄化」であったのです。
 
『畏怖すべき自然の猛威。いかにそれに対する恐れが不足していたか。驕りがすぎたのではないか?』それこそが、先人が見出した自然の神々への畏敬の念であります。
この世の罪穢をすべて徹底的に祓い浄め、明き浄き正しき直き境地を求めることが神道の根本思想であります。
 大祓式の際には神職に合わせて、ぜひ声高らかに「大祓詞」唱えていただきたいと思います。唱える事で罪穢を祓い、心身ともに浄化する。唱えれば唱えるほど功徳を増す祝詞。言い換えれば「神に近づくための祝詞」とも言えます。
 穢(=氣枯れの状態)からの脱却、すなわち氣力再生であります。
当日は、写真のような「人形(ひとがた)」をお渡し致します。
 どなたでも、ご参列いただけますので、暑い中ではございますがお待ちしております。
知らず知らずのうちに積もった、「罪穢(つみけがれ)」を払い除け、新たな気持ちで、この年を無事に乗り切りましょう。
 
※当日のご参列の難しい方には、事前に「人形」をお渡しし、ご自身の体を撫でていただき、罪穢れを遷されてください。 その後、当宮にお持ちいただければ、祭典にて一緒にお祓いさせていただきます。

 

P1000845 (2)

ここでクリア
この記事を気に入ったらシェアをお願いします。

top arrow